データ収集と交換システム

データ収集交換システム

IMG_256

概要

多組織規模の大企業グループでは、さまざまなアプリケーションシステムが構築されており、ユニットの構築時間、テクノロジプラットフォーム、データ構造、機能設計は大きく異なりセンターで主要目標値が手記入されたレポートのため、適時性、正確性、信頼性に非常に大きな課題を抱えています。現代の企業グループ運営、集中管理および洗練された管理のニーズをもはや満たすことはできません。データ収集と交換システムは、主に下位組織の単位と本社のビジネスデータの収集を解決し、それらを本社のデータセンターに自動的かつタイムリーに送信するものであり、統合情報プラットフォームの重要な部分です。

 

ソリューション

データ収取と交換システムは、高速に安定して大量のデータを交換することができるため、リアルタイムの監視、変更データの収集、ターゲットと同期により「水平統合と垂直統合」のためのサポートテクノロジープラットフォームである。これは主に可用性の高いシステムのデータを直接収集およびシステム間での交換に使用され、それは他のツールの統合を実現し、豊富な二次開発機能を提供し、統合された幅広いビジネスニーズに対応しますデータの交換および共有する場合、データプロバイダ(Data Provider)とデータコンシューマ(Data Consumer)の両方が仮設データベースの規約を守ります:データ構造、データ仕様、フォーマット規則などを含みます。

 

その主な機能は次のとおりです。

1.下部の業務システムデータベースからの自動収集及びデータの加工を実現します。

2.設定された計画(タイミング/タイムリーに従って、収集したデータを本部側のデータセンターにアップロードするための高品質のデータソースを提供します。

3.本社のアプリケーションシステム間で標準化された水平交換サービスとフォーマット仕様を提供します

 

全体的なフレームワーク

データ収集と交換システムは、システムサポート、電子ファイル、データソースなしの3つのデータ形態に適用するため、オンライン収集、オフライン収集、レポートの3つの収集方法がありモード間の動的調整を実現します。オンライン収集は、直接収集、プッシュ、ETLの3つの技術的手段があります。直接収集とは、データ収集や交換プラットフォームを介して変更データをリアルタイムに取得可能であり、システム間のデータ共有をプラットフォームでサポートできるため、タイムリーなビジネスに適しています。プッシュとは、システムが規範及びビジネスロジックの通りに、ターゲットにデータを送信することであって、システムセキュリティレベルが高いシステムに適しています。ETLは、システムのスキャンやETLツールを介したデータの読み取りに使用されるか、周期性が強くて、データ量が大きく複雑な処理ロジックがあるものに適しています。主に大量のデータをデータセンターで使用するため、一般に縦方向では使用されません。オフライン収集は、Excelやテキストファイルなどの構造化ファイルクラスのデータソースに適しています。レポート作成は、システムサポートや統合条件なしでデータ要求の要件に適用できるため、システムを通じてグループデータベースに直接に書き込まれます。

データ収集および交換プラットフォームの3レベル配置(または組織別階層配置)、つまりグループ、支社および下部の組織で、各階層は事前データベースをデータハブとして配置し、交換されたプロセスデータ、制御データおよびビジネスデータを一時的に格納します。自動的に収集された生データの場合、プラットフォームはデータ仕様およびコーディングの規範に従って生データを規格統一データに処理します。このプラットフォームは、自動同期、ビュー、メッセージ通知の方法を提供して、データをターゲットに同期します。プラットフォームは、あらゆるレベルでの企業の内部システムデータの収集、統合、共有、および上下の双方向データ交換を実現させます。

プラットフォームの安定した動作を保証するために、プロセス監視、ステータス監視、パフォーマンス監視、データ品質監視などの監視を提供します。

全体的な構造は以下の通りです。

IMG_257

機能

データ収集と交換システムは、柔軟な設定を通して、さまざまなタイプのデータソースをリアルタイムまたは定時での収集、およびCIMモデル標準変換と共有によりデータ統合することで階層的監査と各階層データ分析が実現できます全過程のデータ監視データ品質保証する機能的アーキテクチャを以下に示します。

IMG_258

コアコンピタンス

データ採取と交換システムは、企業内情報システムと情報システムの間の水平統合および組織間のデータ報告とオンライン採取と垂直方向のデータの浸透を実現し、データ採取、データ伝送、データ統合、データ共有、データ交換および監視から複数のレベルを構築します。プロセス、総合的かつインテリジェントなサポートプラットフォームは、グループ全体の「水平統合および垂直貫通」データ収集および共有プラットフォームをカバーするように構築されます。そのコアコンピタンスは、具体的には以下の5つの側面を含みます。

 

1.データ報告とオンライン収集のため統一された標準化プラットフォームを構築します

指標データの計画により統合設計、データ収集および交換システムを構築し、レポート、直接収集、プッシュ、ETLなどの複数の収集方法自動切り替え機能を提供することで、複数のシナリオ、方法技術などのニーズに対応が可能です。

データの直接収集と交換機能作成により統一された標準データの収集と交換のサポートプラットフォーム形成されます。

 

2.安全で信頼できる伝送のチャネルを構築します。

プラットフォームは、企業に信頼できる安全な高速情報チャネルを提供します。

高速情報チャネルは、システムデータを上位レベルにアップロードするだけでなく、上位レベルまたは企業の固有データにより配信される共通データはそのレベルと同期することができて、地域や組織全体のシステム統合およびデータ浸透を実現します。

 

3.統一データ、規範データ、標準データを作成します

企業の規制や要求をIEC CIM基準に合わせ、統一され標準化された組織体系、電力システムの資源体系資源パラメータ体系資源測定体系と指標体系を形成した上で、データの標準化のストレージ体系、コーディング体系、共有体系と交換体系を構築します。

 

4.完備されたデータ交換技術機能を提供します

標準化されたデータに基づいてプラットフォームは、共有要件および業務上の取り決めに従ってデータをターゲットに同期させるため、完全にリアルタイムな自動データ交換メカニズムを提供します。複雑なビジネスニーズに対応するための同期の促進、ビュー、サービスベースなどさまざまな技術的手段を提供します。

 

5.全面化 スマート化 可視化

プラットフォームの安定した運用とデータ品質の確保のため、関連する情報システム、ネットワーク、チャネル、データベース、予約セットなどの状態、運行パラメータなどをリアルタイムで監視して、データの完全性、適時性および有効性を確認し、異常が発生する可能性がある場合は視覚的なインタフェースで表示され、アラームがタイムリーに表示されると同時に、関係する担当者にメール、SMSなどで通知されることで迅速にユーザー問題を見つけて解決します

 

お客様の収入

データ収集と交換システムは、企業レベルのデータセンターを構築するための基本的なプラットフォームです。システムはお客様をもたらすこと:

第一、統一されたデータ標準と規範:グループ企業のための横方向のアプリケーション統合と縦方向のデータの浸透、ビジネスアプリケーションのための統一された、一貫した標準データ規範、企業レベルのデータセンターの構築の基礎を築いております。

第二、統一されたデータ交換と共有:統一されたプラットフォームアーキテクチャで情報の砕片を統合して、統一されたデータ交換とグループ全体での共有を実現しております。

第三、統一されたデータソース:「データ相同性、統一された口径、統合および浸透」を実現して、企業内のビジネスフロー、データフロー、情報フローの有機的な統合を達成しておるます。

第四、下部の企業のデータ報告の作業負荷を削減します。プラットフォームを介してビジネスシステムからデータを直接に取得して、従業員による情報集計とデータ報告の作業負荷を削減します。

 

事例

2010-2012)中国国家電力公司データ収集と交換システムプロジェクト

2011-2012)国家電力山東電力有限公司統合プラットフォームプロジェクト

2012-2013)国家電力青海電力有限公司データ採取と交換システムプロジェクト

2012-2014)国家電力大渡河統合プラットフォームプロジェクト

2013-2014)国家電力重慶会社データ採取と交換システムプロジェクト

2013-2014)国家電力安徽会社データ採取と交換システムプロジェクト

2014-2015)国家電力海南会社データ採取と交換システムプロジェクト

2014-2015)国家電力四川会社データ採取と交換システムプロジェクト

2015-2016)国家電力東北会社データ採取と交換システムプロジェクト

2015-2016)国家電力内蒙会社データ採取と交換システムプロジェクト

2015-2016)国家電力長源電力会社データ取得交換システムプロジェクト

2015-2016)国家電力河北新エネルギー会社データ採取と交換システムプロジェクト

 

お問い合わせ

氏名

ポジション

会社

区域

電話

メール

説明

検証コード

提出する

郵便番号:〒101-003

E-mail:HR@isoftstone.jp

TEL: 03-5823-4068

FAX:03-5829-6574

Address:東京都千代田区東神田1-4-1 K&S FIELDビル5階 (地図)