データマスキングプラットフォーム

概要

iSoftStoneデータマスキングプラットフォームは、機密データ、プライベートデータ、機密データを送信または保存されているデータを保護することで、金融機関が開発、テスト、その他の非本番環境でも実際のデータセットを安全に使用できるようにします。金融機関からのデータセキュリティ、データ品質、および感度低下の効率に対する要望に対応しています。

 

コアコンピタンス

非民営化と信頼性の維持:データセキュリティの感度を低下させながら、元のビジネスデータの特性を維持してテストシナリオでの可用性を確保します。

ビジネスルールとデータマスキングの汎用性を維持する:データマスキングの汎用性を考慮しながら、さまざまなビジネスルールのデータマスキングのニーズに基づいてさまざまなデータマスキングプロセスを設計します。

データマスキングの結果の一致性と非可逆のニーズ: 設計データのマッピングルールの人員と実施データマスキングの人員を分け、設計者はマッピングアルゴリズムを実現し、実施者はデータのデータマスキング項目を実施する時に制御パラメータを指定し、ユニークマッピング規則を得ります。

複数の種類のデータ・ソース・アダプタを用意して、取得したソースのマルチタイプの適応に対応します。

効率的なデータ収集サービスを提供し、異なるデータ適合規則を作成することによって、データソースのデータを収集して "作業" マップに提供した後にデータマスキング処理を行います。

 

顧客のメリット

データスキャン自動化

データマスキングが必要するシステム関連データインタフェースの自動化されたスキャンです。

データのデータマスキング化:

データをプラットフォームでデータマスキング分類化し, コンポーネント化する .

データ・リクエスト・フロー:

製品プラットフォームによるデータの提供は、データマスキングの申請プロセスを利用します。

データのデータマスキングの自動化:

自動スケジューリングによる自動処理します

お問い合わせ

氏名

ポジション

会社

区域

電話

メール

説明

検証コード

提出する

郵便番号:〒101-003

E-mail:HR@isoftstone.jp

TEL: 03-5823-4068

FAX:03-5829-6574

Address:東京都千代田区東神田1-4-1 K&S FIELDビル5階 (地図)